空き地・空き家のご相談はよろず屋不動産
  • 文字サイズ
  • 042-786-6566
  • 電話番号
  • お問合せ
  • メニューボタン
コラム
  • 2021/04/13
  • 土地活用では相談先が重要!パートナーの見つけ方と選ぶポイント

  •  

    こんにちは!よろずや不動産です。

     

    土地を活用するには活用方法や進め方、経営のための知識など、多くの知識が必要です。そのため、初めて土地活用を検討する場合、何から手をつけて良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

     

    このような不明点や不安なことを解消してスムーズな土地活用を目指していくなら信頼できる専門家に相談することも大切。しかし、どこに相談すればいいのかも頭を悩ませるポイントではないでしょうか?

     

    この記事では、相談先などについての考え方や相談時のポイントを土地活用のプロであるよろずや不動産が解説します。

     

    相談が可能な各分野の専門家

     

    まずは土地活用の相談に応じてくれる専門家の種類を解説します。自分の実現したいプランに合った専門家を確認していきましょう。

     

    不動産関係の会社(不動産全般の専門家)

    すでに建築済みの不動産であれば相談相手は販売会社や仲介会社が中心になりますが、まだ建物を建築前の段階であれば、さまざまな不動産関係の会社(または事務所)も相談できる対象になります。

     

    たとえば、土地活用コンサルタントは文字通り土地活用に特化した専門家なので、最初の相談相手としてはおすすめ。また、建物の建築についての相談であれば、建築事務所、ハウスメーカー、工務店なども豊富な知識があるでしょう。

     

    土地活用は地域の特性をしっかりと理解している必要があるため、なるべく地域に密着した会社を選ぶことで、建築後の管理や利用者(入居者)の募集なども円滑に進められるはずです。

     

    金融機関(融資の専門家)

    意外だと思われるかもしれませんが、銀行や信用金庫などの金融機関に相談することも可能です。

     

    一般的に金融機関は土地活用のプロではありませんが、日頃から不動産業者などとの関係もあるためアドバイスを受けられるケースも多いです。

     

    土地活用や賃貸経営には金融機関から融資を受けることが一般的なので、もし良いプランが実現できそうでも金融機関から融資を受けられなければ実行できない可能性があります。

     

    相談のタイミングで融資の可否や融資条件の方向性が分かるのは効率性の面でもおすすめの相談先だといえます。

     

    税理士(節税対策、相続税対策の専門家)

    不動産と税金は切っても切り離せない関係にあるので、税務関係のプロである税理士に相談することも有効です。税理士には不動産関係の分野に特化した税理士も一定数存在するため心強いパートナーになってくれるでしょう。

     

    相続や贈与により親の世代から土地を譲り受ける場合は、引き渡しの前に相談することで、より効果的な相続対策(贈与対策)ができる可能性もあります。

     

    事業を開始した後でも確定申告や税務相談などで長期的な付き合いになる可能性も高いため、人間関係の面でも自分と相性が合いそうな相手かも確認して選ぶことがおすすめです。

     

    ファイナンシャルプランナー(ライフプランニングの専門家)

    ファイナンシャルプランナーは、資産運用、不動産、税金、相続などの幅広い知識に加え、より広い視野で人生設計を考えるライフプランニングの知識も持っています。

     

    ファイナンシャルプランナーは日頃から各分野のプロフェッショナルと協力して課題を解決することも多く、人脈も豊富なため、目の前の問題を解決するための適切な専門家を紹介してもらえるケースもあるでしょう。

     

    土地活用だけではなく、投資信託や非課税制度など家計全般の見直しにつながるようなアドバイスにも期待ができます。

     

    相談時に確認するべきポイント

     

    土地活用は専門家に相談しながら進めることが一般的ですが、土地活用の経験がなければ相談するべきポイントや確認するべきこともよく分からないもの。

     

    ここでは土地活用を成功させるために確認しておきたいポイントをよろずや不動産が紹介します。

     

    必要な費用と期待できる成果

    土地をうまく活用して収益を稼ぐためには、ある程度の事業計画が必要です。

     

    最初から具体的な事業計画を組むことは難しいですが、「どの程度の費用が必要か?」「どの程度の収益が期待できるのか?」をあらかじめ把握しておくことで方向性が定まります。

     

    初期投資額を融資に頼りたい場合は金融機関への融資の相談は欠かせませんし、土地活用と同時に節税対策や相続対策にも取り組みたい場合は税理士のような税金のプロにも相談が必要です。

     

    実現可能な土地活用の方法

    実現させたい土地活用プランのイメージを持っていなければ、なかなか具体的な相談はできません。

     

    まとまった予算があれば賃貸経営のように新しく建物を建築できますが、あまり予算をかけたくない場合は、より小規模な事業に限定されるはずです。

     

    土地活用の目的は、土地の場所やニーズ、活用する人の生活環境や経済力によっても異なります。どんな目的で土地活用を検討しているのかを明確にし、自分の理想を叶える方法を相談してみましょう。

     

    周辺環境の特徴と事業の実現性

    仮に土地活用のイメージが頭の中に思い浮かんでいたとしても、実際にそれを実現できるかどうかは、また別の話です。

     

    まずは、その土地に対して物理的に建築が可能かどうかの判断が必要ですし、そもそもその地域に建築の規制(抑制)などのルールがないかなども調べる必要があります。

     

    また、土地活用には需要が必要不可欠。その土地に必要とされているかどうかも周辺環境の特徴から見出すという作業は欠かせません。

     

    すでに建物が建築済みの場合は問題点も容易に見つけ出せることも多いですが、まだ建物が建築される前の段階であれば、十分に想像力をはたらかせて冷静に判断することが求められます。

     

    相談する際の注意点

     

    アドバイスをもらうために専門家に相談するものの、損をしないために注意点をおさえることも大切です。

     

    相談に行く前に知って欲しいポイントをよろずや不動産がご紹介します。

     

    正しい相談相手かを見極める

    相談相手は幅広い専門知識を持っているはずなので、不明点についてはこちらが理解できるまで丁寧に説明してくれるでしょう。

     

    ただし、土地活用を成功させるには、建築、法律、税金、融資など、あらゆる角度からの専門知識が必要です。相談相手の専門家がそのすべての知識を習得しているとは限りません。

     

    自身の課題を解決するために適切な専門家を十分に検討したうえで、よりふさわしい相談相手を探しましょう。

     

    専門家の得意分野を判断するには、インターネットやSNSなどの情報も有効です。

     

    なかには会社のホームページやブログなどで積極的に情報発信している専門家もいるため、その辺りも参考にして相談相手を見つけましょう。

     

    関連書類を持参する

    打ち合わせに必要な関連書類は事前に準備して持参することをおすすめします。

     

    たとえば更地の場合、権利証、登記簿謄本、固定資産税評価証明書などがあれば円滑に打ち合わせをすすめることができるでしょう。

     

    特に税理士や弁護士のような士業への相談の場合、相談時間に応じて相談料が発生するケースもあるため、可能な限り詳細な情報を準備してスムーズな打ち合わせになるように心がけると時間も費用も最小限で済みます。

     

    もし必要書類が分からなければ、事前に電話やメールなどで確認したうえで出向くことで、追加資料の準備なども少なくなるはずです。

     

    主体的な姿勢で専門家を探そう

     

    土地活用のように幅広い専門知識が求められる分野では「誰に相談するか?」で、事業の方向性は大きく変わります。

     

    もし、身近に気軽に相談できる相手がいれば客観的な意見が聞けるかもしれませんし、ある程度、自分の考えやビジョンがある場合は、それぞれの専門家に相談する方がより建設的でしょう。

     

    ただし、いずれにしても、相談相手となる専門家は自身の経験に基づく知識を共有したり、少しでも失敗する可能性を低くできるようなアドバイスをしたりすることが一般的な仕事内容(責任範囲)なはずです。

     

    自分でしっかりとした最終判断をできるように十分な事前準備を心がけましょう。

     

    よろずや不動産は、確かな専門知識でお客さまのご意向に沿う方法を導き出し、お客さま目線の土地活用をご提案しています。

     

    よろずや不動産では、電話やメール、LINEにて相談を受け付け中です。相続した不動産のことでお困りの方は、よろずや不動産までお気軽にご相談ください。