空き地・空き家のご相談はよろず屋不動産
  • 文字サイズ
  • 042-786-6566
  • 電話番号
  • お問合せ
  • メニューボタン
コラム
  • 2021/09/09
  • 「買取」と「売却」の違いは?メリットと特徴

  • 所有している不動産を売る場合『不動産会社による買取』と『不動産仲介会社を経由した売却』の2種類が主な方法です。

     

    どちらも同じようなイメージを持たれるかもしれませんが、売買価格や売却までかかる期間などが大きく異なります。

     

    この記事では不動産売買のプロであるよろずや不動産がそれぞれの違いや特徴について分かりやすく解説します。

     

    不動産の買取と売却の違い

    不動産取引における買取と売却の一番の違いは“購入者の違い”です。

     

    『買取』は買取業者である不動産会社が自ら不動産を購入することを指します。物件を取得した不動産会社は、入居者を募集して貸し出したり、リフォームや設備の強化など新たに付加価値を加えて第三者に再販売したりする方法です。

     

    一方、『売却』は不動産仲介会社が売買を仲介し、第三者である個人消費者に販売するという方法を指します。

     

    それぞれの違いが分かっても、ご自身の不動産を売りたい場合、不動産会社による買取と不動産仲介会社を経由した売却のどちらを選択すれば良いかは悩んでしまいますよね。

     

    次の章では判断ポイントについてご紹介します。

     

    買取と売却を検討するには?

    『買取』と『売却』を検討するための具体的な判断基準をご紹介します。

     

    売却価格の違い

    基本的には不動産会社による買取よりも仲介会社を経由した売却の方が高い金額で売れる傾向があります。

     

    ただし、売却には以下のような留意するべきポイントもあります。

     

    例えば購入希望者が個人消費者である場合、金融機関からお金を借りローンを組んで不動産を購入することが多いはずです。

     

    購入者が個人投資家ですでに複数の物件を所有していたり、景気動向により金融機関側の融資姿勢が消極的であったりすると、その分、購入可能な消費者が減り、価格相場が下がってしまう可能性があります。

     

    また、購入者側の都合により値引き交渉を受けることもあるため、値引き交渉の原因になるような不安要素を解消しておく必要があります。

     

    マイホームであれば部屋をきれいに清掃したり、必要に応じてリフォームをしたりするのも有効です。賃貸住宅の売却であれば空室の有無により売買価格に大きな影響を与えてしまうため、可能な限り空室を埋められるような努力が必要となるでしょう。

     

    一方、不動産会社による買取の場合は、業者により買取価格が変動することもあるため、複数の買取業者を比較し慎重に選ぶようにすることがポイントです。

     

    売れるまでの期間の違い

    仲介会社を経由した売却の場合、購入希望者がすぐに見つかるとは限らないため、売却までに数ヶ月単位の期間が掛かることが考えられます。

     

    借金の返済や相続税の納税のように早急に資金が必要な場合は、売買価格よりも売れるまでの期間を優先する方がその後の手続きがスムーズになることもあるでしょう。

     

    瑕疵担保責任の違い

    不動産会社による買取の場合、瑕疵状況や設備の不具合などをふまえた上で物件を購入するため、瑕疵担保責任や設備修復責任などが免責されるケースが多いです。

     

    一方、購入者が個人消費者の場合、1ヶ月〜3ヶ月程の瑕疵担保期間を定めるのが一般的です。

     

    契約内容に瑕疵担保責任が含まれる場合、瑕疵担保期間中に何もなければ問題はありませんが、もし瑕疵や予期せぬ不具合などが発生した際は売主側が費用を負担する必要があります。

     

    自身に合った方法で検討がおすすめ

    買取と売却の違いは、どちらがか優れているという訳ではなく、双方にメリットとデメリットがあります。

     

    そのため不動産の利用用途や売主側の都合によって最適な契約内容は異なります。それぞれの特徴を知り、状況に合わせて最適な方法を検討しましょう。

     

    よろずや不動産は不動産売買のプロとしてお客さまの希望にあった最適な売買プランをご提案します。不動産の売却でお困りの方は、電話やメール、LINEにて相談を受け付け中です。お気軽によろずや不動産までご相談ください。